常に充電との戦いな日々

スマホが出たてのころから2機種(Xperia、p-06D)を使っていました。最近のものはそうでもないようですが、とにかくバッテリーの消費が早いので、常に充電することに気を取られていました。結局、充電している間は持ち運び出来るわけもなく、「不携帯」になることが多かったです。過充電の影響もあり、バッテリーの劣化も激しかったです。半年ぐらいで劣化し始め、充電が90%以上残っているところからいきなり0%になり、シャットダウンするという現象が多く見られるようになり、モバイルバッテリーを常に繋いだまま使うという状況になりました。

 

10ヶ月~1年ぐらいでバッテリーはダメになり、バッテリーだけ新らしく購入することが1機種について3回ぐらいはありました。バッテリー節約のアプリもインストールしましたが、それを使っているときはムダな通信を避けるために基本的には機内モードの状態になり、30分に1回ぐらい自動的に通信するため、メールの遅着などもありました。2台目のスマホを使っている途中で、Nexus7を購入し、Wimaxでネットに繋いでいたら画面も大きく操作もしやすいことから1年前にガラケーに戻しました→口コミの詳細はこちら

所詮、携帯電話は電話の機能+アルファ(メールと少しのブラウジング)があればよいと感じています。

ガラケーに戻したとたん、パケ放題も要らず、もともと電話自体も受けることが多かったので、料金も最低のプランで済むようになりました。スマホの頃と比べると半額以下の料金でケータイを利用できています。