青汁を飲み続けることで健康に良い気がする。

青汁は、添加物が一切入っていない数多くの種類を、すり潰しただけの健康と美容にいい飲み物となってます。この青汁を毎日飲み続けることで、お肌の衰えに大変効果が期待出来ます。男性でも女性でも年を重ねるごとに、必ず肌が衰えてきてハリがなくなってきます。その他に、いろいろな美容と健康に関して、若いころと違うことを実感することが出来ます。

青汁は、そういったトラブルに関して、補助してくれる画期的な飲み物となってますので、特に女性の方には飲んでもらいたいです。青汁として製造されている野菜には、美肌にいいビタミンCが多く含まれてるので、継続することによって、美肌を維持することが出来るようになります。また、コレステロール値が高い方や、お酒を多く飲まれる方に多く見られる血液がどろどろの方、高齢者に多い高血圧など男性の方が気を付けなければならないなど、健康上問題が生じている方にお勧め出来るので、健康を気にされる年齢に達した方は、ぜひ毎日の一杯にトクホの青汁 大正製薬を飲んでもらいたいです。

食事制限も大切ですが、このような多くの効果が実証されているので、効果を実感したい方は、多くの種類がある中から選んで、続けられそうなものを購入してみるといいです。

私が青汁を好きで飲み続ける理由

私は、青汁が好きでもう5年程毎日飲み続けています。私が青汁に興味を持ったきっかけは、友人の家で飲ませてもらった青汁のサンプルでした。それまで「青汁は苦いもの、飲みにくいもの」と思っていた私の考えを360度覆されました。友人の家で戴いた青汁をきっかけに毎日飲むようになりました。青汁は不足しがちな野菜をしっかりと補うことが簡単にできるので自分には合っていると思います。

粉末を水や牛乳などに混ぜて飲むだけなので、準備に時間を掛けることもなくて手軽に飲めています。普通の野菜を一日350g摂ることは、結構大変だと思います。しかし青汁ならグラス1杯で必要な野菜の量を摂ることができます。
最近はこれを通販してみました→トクホの青汁の大正製薬キトサンが1000円だったよ。

私の場合、普通の野菜はドレッシングをかけないと食べることができないのですが、青汁はドレッシングをかけなくても美味しく戴くことができます。私の飲んでいる青汁は、苦味がまったくなくとても飲みやすいです。

毎日飲んでもまったく苦にならないどころか、仄かな野菜の甘みが癖になります。今では家族にも勧めて、家族も時々青汁を飲んでいます。青汁のデメリットを考えてみましたが、まったくありません。簡単に作ることができるし、本当に飲みやすく美味しいからです。

食べ物じゃないよ・・何故その答え

後輩は私の一回り以上も下でしたが、若い世代の流行りも知れて話していて楽しいものでした。ある日後輩と仕事終わりに話ししていたら、音楽や今YouTubeで面白い動画や映画の話しになりました。音楽の話の時に、この曲知ってる?あの曲知ってる?とお互い自分の知ってるアーティストの出し合いみたいになりました。

後輩は、歳が離れている割には私の年代の流行ったアーティストを知っていたりして、お互い懐かしいねー!と楽しんでいました。そして私がBOOWYって知ったてる?と尋ねたら、もちろんです!お菓子ですよね!と。いやいや、今迄音楽の話をしていたじゃないか、何故急にお菓子?とツッコんだら、違うんですか?有名なお菓子の名前かと思って。いや、伝説のバンドだよ。知らないです。YouTubeで音楽も聞かせましたが、知りませんでした。その後無言。BOOWYが中学の時の応援歌だった私。ジェネレーションギャップです。

痩せすぎはどうなのか

痩せるということは非常に良い言葉ですが、私の場合は痩せすぎていてよく不健康そうに見られます。

昔からかなりの痩せ型で、何度も太ろうと努力しましたが一向に太る気配もなくそのままの状態保ち続けています。ある時、学校内であいつ痩せすぎてて、ガリガリで気持ち悪いよねという言葉を聞きました。非常にショックを受けて、不登校になった日もありました。私は、身長もそこそこありまして、色は白くて、毛は濃いので痩せていると自分で言うのもあれなのですが、気持ち悪い部類に入るのかなと思ってしまいます。

それ以来誰にも相談できずにただ時間だけがすぎて行ったので、ある日何かしなければと思い、必死になって太るにはどうすればいいかを調べて見ました。まずは食事の改善から始めてみました。1日2食だったの4食まで増やしてみたのですが、量を食べることがなかなか出来ずに結果的には自分を苦しめる羽目になってしまいました。筋トレなどを試みて筋肉をつけて体重を増やそうとしましたが、少し増えるものの劇的な改善は見られませんでした。今は、なんとか以前よりも太るために無理をしながらやっていますが、痩せていることでコンピレックスになっているは非常に辛いです。

年の差を痛感するのは10歳以上から

パスポートや免許証など生年月日を見た時に、平成生まれだったり、1990年代、もしくは2000年以降だったりするとダイレクトに年の差を痛感します。

平成に変わった時は子供だったとはいえ、しっかり記憶がありますし、90年代や2000年以降なんて普通に大人でしたから、そんな頃に目の前で話している人が赤ちゃんだったと思うと、だいぶ年下だなあと実感します。

目上の人や、怖そうな人と臆することなく自然に話せるのも、自分より10歳以上下の世代の人たちのように思います。

自分の世代も割と自由で枠にとらわれずのびのびしていたように思っていましたが、彼らもっと肩の力が抜けていて、ゆったりのんびり欲や野心が少なく、そのおかげか大きく失敗することもなく、自然体な感じがします。不景気の真っ只中で大人になった世代との違いを感じます。

筋肉をつけるためには日常生活が大事

今は筋肉をつけるために色々なトレーニングができます。私は筋肉をつけるために常に運動をするように意識しています。また実際のトレーニング方法も独自に工夫しています。

個人的には腹筋の強化のために運動をすることが多いです。私は身近な情報を参考にしてトレーニングを頑張っています。また有名人たちも筋肉のためにトレーニングをしているので、テレビでそういった方法を見ることもあります。

しかし最終的には日常生活の中身が重要だと思います。私は筋肉を失わないために、あまり家の中で休まないようにしています。また常に時間がある時はトレーニング方法を考えています。

私の体験の中では堕落した生活をしないことが重要でした。実際に直に休んでいると筋肉は衰えていきます。だからこそ時間を見つけてトレーニングを続けるのです。

今は家の中にも様々な誘惑があります。しかしそういった誘惑に勝つことも筋肉のためだと思います。また私は食事の時もバランスを考えるようにしています。

筋肉は手軽な運動だけではつかないので、力が出る食事をすることも大事です。私は様々な食べ物を試して努力をしています。ここでは市販の健康食品も体の強化に有効でした。

このように日常の中で色々な工夫をしていると、以前よりも筋肉がついたので嬉しかったです。

常に充電との戦いな日々

スマホが出たてのころから2機種(Xperia、p-06D)を使っていました。最近のものはそうでもないようですが、とにかくバッテリーの消費が早いので、常に充電することに気を取られていました。結局、充電している間は持ち運び出来るわけもなく、「不携帯」になることが多かったです。過充電の影響もあり、バッテリーの劣化も激しかったです。半年ぐらいで劣化し始め、充電が90%以上残っているところからいきなり0%になり、シャットダウンするという現象が多く見られるようになり、モバイルバッテリーを常に繋いだまま使うという状況になりました。

 

10ヶ月~1年ぐらいでバッテリーはダメになり、バッテリーだけ新らしく購入することが1機種について3回ぐらいはありました。バッテリー節約のアプリもインストールしましたが、それを使っているときはムダな通信を避けるために基本的には機内モードの状態になり、30分に1回ぐらい自動的に通信するため、メールの遅着などもありました。2台目のスマホを使っている途中で、Nexus7を購入し、Wimaxでネットに繋いでいたら画面も大きく操作もしやすいことから1年前にガラケーに戻しました→

所詮、携帯電話は電話の機能+アルファ(メールと少しのブラウジング)があればよいと感じています。

ガラケーに戻したとたん、パケ放題も要らず、もともと電話自体も受けることが多かったので、料金も最低のプランで済むようになりました。スマホの頃と比べると半額以下の料金でケータイを利用できています。

さようなら、ポッコリお腹!が目標です。

今年の私の目標は、お腹を引っ込ますです。笑。

産後肥りと、アラフォーと言う年齢も伴い、ポッコリお腹が気になり始めました。

気になりつつも、運動不足な上に、お菓子を詰まんだり と、間食も多くて。

いい加減、何とかしないとと思っているので、今年の目標は、腹筋を割る事です!

まず、毎朝、ウォーキングを始めました。

1時間くらい、脇目も振らず歩きます。

帰宅する頃には、じんわり良い汗をかいています。

そして、そのカラダが温まっている時に、腹筋をしています。

ゆっくり、10回行います。

その後は、腰をひねるエクササイズをしたりしています。

まだ今年に入って、3週間ですが、若干、腰にくびれができて来て、主人も驚いています。

この調子で、腹筋の回数等を増やして、ポッコリお腹を撃退したいと思っています。

年賀状のこだわりについて

年賀状を書くときの私のこだわりは、絵、です。絵を描くのが大好きなので、友達やお世話になった先生に、今どんな感じで描いているのか、お知らせしたいというか、大切な発表の場のように感じています。
もちろんそんな風に友達や先生に話したりしたことはありませんが、あまり会えない遠方に住んでいる友達にわかりやすく近況を伝える手段の一つだと思っているのです。「こんな私が描きました。」と、想像以上に伝わるものだと思っています。
いただいた年賀状も、きちんと全部見ます。同じように絵を描いている友達の年賀状は注意深くみて、勉強になるなぁ、とか思ったり上手すぎる!と嫉妬してみたり。ドキドキしますね。
それからもう一つのこだわりは、一人一人必ず宛名とメッセージを手書きすることです。
宛名はパソコンで入力して印刷すれば、綺麗で早くて間違いもないとは思うのですが、もらったときになんとなく嬉しいのと、印刷する作業があまり得意ではない、書いた方が早い、という理由で宛名を一人一人書いています。
メッセージもたまにしか書かないものなので、学生のときに小さなメモを授業中にあの子にまわして、みたいな感覚で書きます。私は自分にだけ宛てて書いてくれた文章がほんの一行でもあると嬉しいので、自分もそうしています。

秋冬の男性のコーデって何着るのだっけ?

段々と暑さも和らいで、涼しくなってきましたね。
季節が急に変わると何を着てよいか分からなくなるので、去年のファッション雑誌を
引っ張り出して、秋冬のキレイめコーデ メンズは何を着るか調べてみました。

私がメンズファッションのことを検索したところ、なかなか良いコーディネートがいろいろ通販サイトに紹介されていて、そんなアイテムはお手頃でオーダーできるものが多かったです。

まずはインナーについて。
インナーにはタートルネックを着るとさらに上品になるのですが、Vネックのニットやシャツなどでもオシャレにコーディネートできます。

パンツに関してはデニムやチノパンなど、殆どのパンツに合わせることができる万能アイテムです。

他に秋冬のメンズファッションといえば、同じミリタリーつながりでモッズコートがおすすめといえます。

今年もモッズコートは流行るらしいのですが、形が少し変わってくるので、新しく買うか、去年のものを着るか迷う所ですね。チェスターコートはどうなるかな・・・